MacでWindows10がインストールできるブートキャンプの使い方

MacでWindows10がインストールできるブートキャンプの使い方

Macを使っているユーザの中にはWindowsから移行してきた人も多いかと思います。

ただ、職場などで使われているOSはまだまだWindows主流なのが現状ですから、対応ソフトを使うためだけにWindowsパソコンを持ち続けているMacユーザも少なくないですよね。

私もそのひとりで、Mac OS未対応のソフトを使うためだけに専用PCを持っていたのですが、先日マザーボードの故障でWindowsのパソコンが復旧不可能な状態に。。

修理や買い替えを考えましたが、普段から使い慣れているメインマシンのMacに最初から搭載されているBoot Camp(ブートキャンプ)のソフトを使ってMacにWindowsをインストールすることにしました。

ちなみに、Boot Camp(ブートキャンプ)とは、Macに標準インストールされているソフトウェアで、Intel CPUを搭載したMacにWindowsをインストールすることができる超便利なソフト。

ブートキャンプを含めMacでWindowsを使う方法は主に2つあり、

  • Boot Camp
  • 仮想環境ソフト

それぞれ、メリットとデメリットが違いますから、MacにWindowsのインストールを検討している方は一応知っておきましょう。

Boot Camp

BootCampの最大の利点は、MacのハードディスクにWindows用の領域を切り分けて直接OSをインストールするので、マシンのスペック通りのパフォーマンスでWindowsが使えるところ。

しかもMacに標準搭載されているアップル開発の無料ソフトウェアなので安心。

つまり、Windows OSのライセンスさえ持っていれば費用は一切必要なし。

デメリットとしては、Windowsを使う度にOSを再起動して切替える必要があり、Macとの同時操作ができません。

仮想環境ソフト

仮想環境ソフトとは、Mac上にWindows用の仮想環境を作れるソフトウェアで、Mac OS上で動くアプリケーションのひとつとしてWindowsをインストールして使えるようになります。

代表的なMac用の仮想環境ソフト:Parallels Desktop 15 for Mac

最大の利点は、WindowsをMac OS上で動く他のソフトウェアのように同じ画面で同時操作が可能なところです。

デメリットとしては、ソフトは有料で6千円〜1万円ほどかかり、Macのスペックが低いとモサモサして動きが遅く使いづらいところ。仮想環境ソフトでWindows10などを使うのであれば、メモリは最低でも8GB以上ないと快適に使えないかもしれません。

わたしの場合、頻繁にOSを切替える必要も無いことから、スペック通りのパフォーマンスでWinodwsが使えて、尚且つ無料なBoot CampでWindows10を新規インストールしてみました。

そこで今回は、Boot Camp(ブートキャンプ)を使ってMacにWindows10をインストールする方法をご紹介します。

BootCampでMacにWindows10をインストールする方法

Mac にブートキャンプで Windows をインストールする作業の流れは次の通りです。

  1. Mac のモデルを確認
  2. インストールに必要な次の3点を準備
    • Windows10 のライセンス
    • 空の USB2.0
    • Window10 のISOイメージファイル
  3. Mac のブートキャンプでインストール
  4. Windows 画面でブートキャンプインストーラーを完了させる

以上の手順で完了しますよ。

作業自体は簡単ですのでご心配なく。

それでは順に詳しく説明していきますね。

自分の Mac が Windows10 に対応しているか確認

まず、自分のMacがWindows10をサポートしているモデルか確認します。

64bit版のWindows10をサポートしているMacは、

MacBook Pro (2012 以降)
MacBook Air (2012 以降)
MacBook (2015 以降)
iMac (2012 以降)
Mac mini (2012 以降)
Mac Pro (Late 2013 以降)

で、これら以降の機種であれば問題なくブートキャンプでWindows10がインストールできます。Macのモデルを調べる方法はメニューバー左上のAppleメニュー「このMacについて」で確認可能。

Windows10 インストールに必要なもの

自分のMacがWIndows10をサポートしていることが確認できたら、次の3つを用意します。

ブートキャンプを使えば、これだけ揃えるだけで、今使っているMacがWindowsも使える二刀流パソコンに生まれ変わります。

1.Windows10 のプロダクトキー(ライセンス)

Windows10 新規インストール用OSの正規ライセンスを購入しておきましょう。家電量販店やAmazonで購入できます。

Microsoft Windows10 Home 64bit 日本語版(最新)

Microsoft Windows10 Home Premium 64bit 日本語

※必要なのはライセンス(25桁のプロダクトキー)だけですから、すぐ使えるオンラインコード版が便利。ただし、必ず正規の製品を購入しましょう。値段は16,000円〜22,000円ほど。

2.USB メモリ/フラッシュドライブ

Windowsインストール用のUSBドライブ作成に使用します。USB内の他のデータは削除されるので、空のUSB(5GB以上)を用意しましょう。

使えるUSBメモリがあれば必要ありませんが、もしなければこちらがお買い得な 8GB USB 2.0 でオススメです。

HP USBメモリ 8GB USB 2.0

HP USBメモリ 8GB USB 2.0

使用するUSBメモリは必ずUSB2.0対応でないといけません。高速読み取り用のUSB3.0対応ではインストールできないので注意!

3.Windows10 のISOイメージファイル

マイクロソフトの公式ページからWindows10のISOファイル(無料)をダウンロードしてMacのローカルディスクに保存します。

Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロードの公式ページ

※エディションの選択では「Windows 10 / Windows 10 N / Windows 10 Single Language」とありますが、インストールしたいUpdate版で「Windows 10」を選択。

Boot Camp で Mac に Windows をインストールする手順

次の3つの用意が整ったら早速 Mac に Windows10 をインストールしてみましょう!

  • Windows10 プロダクトキー(ライセンス)
  • USB メモリ
  • Windows10 イメージISOファイル

ブートキャンプ WIndows10とUSB2.0

手順はメニューに沿って進めるだけなので簡単ですよ。

まず、USB2.0フラッシュメモリを Mac に接続しておく。

次にFinderから「ユーティリティ」「Boot Camp アシスタント」を起動。

Boot Camp アシスタント

はじめに画面の「続ける」をクリック。

Boot Camp 開始

作業を選択画面の全ての項目にチェックが入っていることを確認して「続ける」をクリック。

Boot Camp 作業を選択画面

Windowsインストール用の起動可能なUSBドライブ作成の画面では、事前にダウンロードしておいたWindows10のISOイメージファイルが選択されて、保存先が差し込んだUSB2.0メモリに指定されていることを確認し、問題なければ「続ける」をクリック。

ブートキャンプWindowsインストール用の起動可能なUSBドライブ作成

「ドライブは消去されます。」の表示がでますが、その為に用意した空のUSBですから、問題なければそのまま「続ける」をクリック。

BootCamp ドライブは消去されます。

そうすると、ドライブのフォーマットから始まり、ISOイメージファイルのコピー等が開始されます。

BootCampISOイメージファイルのコピー

※このファイルコピーのタスクが全て完了するのに1時間30分以上ぐらいかかりますので気長に待ちましょう。

ファイルのコピーが終わると「Boot Camp アシスタントが新しいヘルパーツール」を追加しようとしています。」と表示されるので「パスワード」を入力して「ヘルパーを追加」をクリック。

BootCampヘルパーを追加

次にWindows10用のパーティションを作成する画面に移ります。パーティションのサイズはドラッグ&ドラッグで調整しましょう。

BootCampWindows用のパーティションを作成

Windowsに割り当てるパーティションの容量は用途にもよりますが最低でも30GB以上は必要。快適に使うには60GB〜100GB以上が推奨です。割り当てる容量を決めたら「インストール」をクリック。

パーティションの作成が完了するとMacが再起動してWindowsセットアップが開始されます。

Windowsセットアップが開始

Windowsが出現!

ブートキャンプWindowsセットアップ

流れに沿って進み「プロダクトキー」を入力して「次へ」をクリックしながら進めよう。

ブートキャンプWindowsプロダクトキー入力

Windowsセットアップの途中で「Windowsのインストール場所を選んでください。」の画面が表示されるので、必ず「BOOTCAMP」のパーティションを選んで「フォーマット」→「次へ」とクリックするように注意!

ブートキャンプWindowsのインストール場所を選ぶ

ここでようやくWIndows10のインストールが始まります。

ブートキャンプWIndows10のインストール

そうして、Windowsが再起動されて、Windowsの設定画面が表示されるので「簡易設定を使う」をクリックして設定。

BootCampでWindowsが再起動

Windowsの設定画面

そして、再び流れに沿って「PCのセットアップをしています。」と画面に表示され・・・

bootcampPCのセットアップをしています

ようやくWindows10のデスクトップ画面が出現。

Windows10のデスクトップ

長かったですが、もう一息ですよ!

最後にデスクトップ上に「ようこそBoot Camp インストーラへ」の画面が表示されるので「次へ」をクリック。

Boot Camp インストーラ

問題なければ「利用許諾契約書に同意します」を選んで「インストール」をクリック。

Boot Camp インストーラの規約

「Boot Camp(ブートキャンプ)インストーラが完了しました。」と表示されたら「完了」をクリック。

Boot Camp インストーラ完了

作業自体は簡単ですが、長かったですね。

BootcampでMacにWinodws10インストール完了

以上でBoot Campを使ってMacへのWinodws10のインストールは完了です。

 

覚えておきたい注意点:

  • 必ず正規のWindows10ライセンスを購入して用意する
  • USBは2.0対応を使用する(USB3.0ではインストールできません)

私が実際に使用したのは下記の製品。

Microsoft Windows10 Home 64bit 日本語版(最新)

HP USBメモリ 8GB USB 2.0

これだけでWindowsをMacに問題なくインストールできました。

BootCampでMacとWindowsの切換え方法

さて、BootCampでインストールしたWindows10とMacの双方への切換ですが、やり方は次の通りですから覚えておきましょうね。

Windows10 からMacOS

まず、Windowsタスクバー右下にあるアイコンをクリック。

bootcampでWIndowsからMac起動1

するとアイコンが出現するので「◆」アイコンをクリック。

bootcampでWIndowsからMac起動2

BootCampのメニューが出現するので「OS X で再起動」を選択。

bootcampでWIndowsからMac起動3

最後に「コンピュータを再起動してもよろしいですか?」と表示されるので、「OK」をクリック。

bootcampでWIndowsからMac起動4

以上でWindows10から切り替わって「Mac OS」が起動します。

Mac OSからWindows10

まず、左上にあるメニューバーのAppleメニューをクリックして「システム環境設定」を選択。

bootcampでMacからWindows起動1

次に「システム環境設定」の中にある「起動ディスク」アイコンをクリック。

bootcampでMacからWindows起動2

起動ディスク画面で「BOOTCAMP Windows」を選択して「再起動」をクリック。

bootcampでMacからWindows起動3

最後に「コンピュータを再起動してよろしいですか?」と表示されるので「再起動」をクリック。

bootcampでMacからWindows起動4

これでMac OSから切り替わって「Windows10」が起動します。

以上、Macのブートキャンプを使ってWindowsをインストールする方法でした。

手順の通り作業すればビックリするほど簡単にMacがWindowsも使える便利パソコンに早変わりしますよ!是非試してみてくださいね。